2013-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドルをプロロゴからプロロゴへアップデート ~購入の巻~

先日は、サドルに付く超小物を交換しましたが、
今回は自転車パーツの中では中物(?)のサドルを交換しました。

完成車で付いてきたサドルは、
プロロゴ カッパエボ

対して入手したサドルは、
プロロゴ スクラッチプロ134 TIROX チームレプリカ(長っ!)
※TIROXはチーム名ではなく、レールの素材名です。

プロロゴ0

カッパエボはカッコ良くて気に入っていたんですが、
代理店インターマックスのサイトの記載では、
レクリエーショナル(お遊び)用という位置付けなのが気になってました。
対してスクラッチは、ナゴと並んでロードレース用のサドルです。

相性が悪いわけでもなく、至極快適な乗り心地ですし、
見た目も良いから今まで換えずにいましたが、
やっぱりプロも使うサドルを使ってみたいという欲求を抑えられませんでした。
まあ、予想はしていたんですけど(笑)

で、最近発見しちゃったのが、今年のレプリカ仕様モデル。
大きなビッグオー(と言うロゴの通称)が印象的ですぐさま購入モードに突入です(笑)


ここからは私の真骨頂、優柔不断モード(笑)

レプリカには、スクラッチプロ、ナゴエボ、ゼロII、ゼロTTの4種類があって、
座面がフラットなゼロIIと、TT用のゼロTTは除外。

残るはラウンド形状のスクラッチと、セミラウンド形状のナゴなんですが、
どちらにしようか大いに迷いました!

セミラウンド形状のカッパエボが良い感じなので、
同じセミラウンドのナゴに決めかけてたんですが、
スクラッチの乗り心地はめちゃくちゃ良いという話もあったりと。


まとめると、

スクラッチ
良い点
・ナゴより先端が柔らかく下腹部に優しいらしい
・ラウンド形状で尻の座りがよいらしい
・ロングライド向きと言われている
憂慮点
・後端が若干せり上がっていて、位置をずらしながらの乗車には向かないらしい

ナゴ
良い点
・カッパと同じセミラウンド形状
・前後方向にフラットなので位置をずらしながらの乗車ができる
憂慮点
・先端部が結構硬い
・どちらかというと短~中距離向き


乗車位置が、スクラッチは1箇所に限定されるのに対し、
ナゴは前後スライドできるというのが1番の悩ましいところです。

普段、そんなに位置って変えてるの?
ってことで何度か意識して乗ってみたものの、イマイチよく分からず(笑)
でも後端ギリギリに座るというのはないかな?って感じ。

であればスクラッチでイイかな?
と思うようになってきました。


実際に店で触ってみると、新たな発見が!

スクラッチ、ナゴ共に後端部分の硬さはほぼ一緒、っていうかすんごい硬い…!
隣に置いてあったカッパエボと比べると、ソファーと木製ベンチくらいの違い(笑)

こりゃどっちを選んでも苦痛か?
と思うようになりました。

ナゴはそれが先端までほぼ一緒、スクラッチは先端まで微妙に変化して、
へたれたソファーぐらいの硬さに変化していきます。

そんなことより1番ビックリしたのは、
通常モデルの方が明らかに柔らかいという事実。
スクラッチの先端は、ちょっと硬めのソファーぐらいにまで柔らかくなってます。

表皮素材の違いで済ませられるレベルではありませんでした。
レプリカだから、硬さもプロ仕様?
等と思いを巡らします。


優柔不断であっても、結局最後は勢いに任せちゃうのが私の性格なので、
通常モデルを買うという選択肢はあり得ません(笑)

セミラウンドが体に合っているかは、ラウンドを使ってみないと判らないと思って、
スクラッチにしました。
合わなけりゃナゴを買えばいいかなと思って。

2種類でこんなに悩んでいたら、フィジークの3種類の中からなんて絶対選べませんよ(笑)


決めるまでのプロセスが長くなりすぎたので、交換編はまた後日~



キャノンデールってフィジークじゃないの?と思った方も思わなかった方も、ポチっとしていだけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

役に立つのかわからない超小物をアップデート

明日から週末ですね。
1週間早いですなぁ!

今週末はバドに関しては、特に遠征もなく、
土曜日は午前7時まで、日曜は11時位まで自転車に乗れそうです。


先日、Y's上野アサゾーに寄ったところ、
以前から気になってたアイテムを買ってしまいました。

U-CLIP1

いきなり装着写真です。

分かりますか?

U-CLIP2

ビフォー

U-CLIP3

アフター

分かりずらいですね(笑)

正解はサドルの後端に付いている部品です。
U-CLIPと言うらしいです。

以前は、黒に白文字だったのが、
アップデート後は、シルバーに黒文字。

このパーツ、プロロゴ純正品ですが、
トピークのアタッチメントと互換性がある爪が付いていて、
サドルバッグを付けることができます。
もしくは専用のテールライトも付きます。

U-CLIP4

下にそれらしき引っ掛けが見えますか?
トピークの文字も見えますね。

ただ、これにサドルバッグを付けるかと言えば、……です。
ちょっと強度が心配なのです…
明らかにトピーク純正のアタッチメントの方が、安心感がありそうです。

何も付けないとなると、ただの飾り、ただのイメチェンです!
ってか、誰も気付かないだろ!!(笑)

サドルバッグと言えば、オルトリーブのでっかいのしか持ってないので、
小振りなのが欲しい今日この頃です。



期待通りの超小物だと思った方、ポチっとしていだけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

先週末のライド成果

最近めっきり気温も低くなって走りやすい陽気ですね〜。
朝方は肌寒い位ですが、まだまだ半袖短パンでいけそうですね〜。

先週末は朝の数時間だけですが、土日連続で乗れました!

まず土曜日。
短距離スプリント1本と坂道ダッシュ十数本。
10kmのタイムトライアルもようやく以前の調子にまで戻ってきました。
まだまだ心拍はツライですけどね。


そんなに早起きしたわけではないですが、日の出が見れましたよ。
(写真が判りずらいな…)
貴重な朝のライド時間が減ってきています。

この日は嫁と長女が栃木の喜連川まで遠征のため、
出発の時間までに帰る必要がありました。
嫁にとっては初の片道100km超のロングライド(車)でしたが、
心を鬼にして見送りました。

鬼になった私は次女の通常練習と、三女の子守という大切な役回りがあったので。
それも午前中で終わって、3人で昼寝していました(笑)


次いで日曜日。
この日はご近所さんのponさんと朝トレに出掛けました。
5時前に出発したところ、辺りは真っ暗!!

待ち合わせ場所の岡堰に着く頃には、白々と明けてきました。
ほんとに朝が短いな〜。

本日はponさんの通勤前コースに連れてってくれることになりました。
そのコースはというと、
稲豊橋から南下し、新利根大橋を渡って、手賀沼南側を走り、
手賀沼大橋から国道6号線に抜けて帰るというルート。
今日も帰宅が7時前と決まっているので、
ponさんの時間的には余裕との言葉を信じて出発します。

と、牽いてもらってすぐに40km超のとんでもない速さにビビリました…
後ろに付いていたからなんとかなったものの、この先が思いやられました。

考えてみれば、ponさんとは3回目の朝トレで、
1回目はaraitaさんとお初だったし、2回目は機材トラブルで調子が出なかったから、
今回初めて真の実力を出したということなのでしょうか(それともまだ更に?)

手賀沼までノンストップでしたが、千切れないように必死でした。
たまらずペースコントロールをするために前に出て脚を休めたりしました(笑)

手賀沼の南側はやはり走りやすいですね!

道の駅手前のボート乗り場で休憩です。

手賀沼1

桟橋に出て一休み。
朝日が神々しいですな。

手賀沼2

月と手賀沼。

ここからは橋を渡って常磐線の陸橋までの、ちょっとした上りがあります。
ここまで結構脚が削られてるし、23tなのでキッツい!!
インナーに落としたくなりますが、トレーニングなので頑張ります。

そこからは時間的に余裕だったので、利根川CRから小貝川CRに接続して、
ちょうど7時に帰宅!

ponさん、鬼牽きありがとうございました!
エンデューロ系のレースに出ることを、再度オススメしておきます(笑)

距離は50km弱でしたが、内容が濃かったので、
昨日(火曜)まで、脚は筋肉痛真っ盛りでイイ感じでした!

で、本日もまた長女と嫁は石岡の強化練へ行き、
私と下二人は通常練習と別れて行動でした。


因みに月曜も嫁と長女は真岡遠征、私は自主練&子守と、
3日間別行動でした(笑)



平日よりもハードな休日を過ごしている私に、癒しのポチをいただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

幻想となった渋峠

今週末の渋峠の予定ですが、準備が捗らなく、ほぼDNSですね…

捗らない理由は、
1.完走できるかわからない
2.天気が良いかわからない
3.装備が充分かわからない

不安要素しかないからです(笑)

なかなか進まなかったですが、装備とルートの選定をしてみました。

まず、ルート。
高崎や渋川までは、利根川を遡上して行くのが1番ですね。
一般道だとランドマークを、都度探さなければならないけど、
利根川なら見失うことはないでしょう。

取手-渋川

こんな感じで、渋川まで146kmオーバー!
アバウトに引いてるのでもう少し距離はあると思います。
遠いなあ…
CRで気をつけるのは迂回路と、いきなり途切れちゃう所ですかね。
146kmもあれば、トラップもたくさんあるでしょうね(笑)

渋川-草津

続いて、渋川から草津温泉まで60km。
ちょっとだけ短い、高崎からのルートも考えましたが、
上り返しがあって余計な獲得標高を稼ぐことになるので却下。
高低図を見るときれいな右肩上がりになっていますね。
気になるのは交通量。
鉄道と並行して走っているし、山間を縫って通っている主要道路だと思うので、
それなりの車が走っていると想像します。

高崎-草津

参考までに高崎ルート。
どこの峠か存じませんが、一山越えて下っています。
距離は70km越えてますが、自宅からだと高崎〜渋川間の距離が加算されるので、
渋川からの方が距離が長くなります。

草津温泉までで210km。
初日はそこまでで、どこかの素泊まり宿に宿泊を考えていました。
そうすれば早朝からアタックが開始できて、午前中のうちに渋峠という算段です。

このように考えると、丸2日を費やすので、日程も微妙なんですね。
でもこれぐらい余裕みないと、ロングに慣れてない人には厳しいと思います。

こんな大掛かりな計画をあと2日後に見切り発車していいわけないですね。
再考します。


装備に関しては、大型サドルバッグの他には、2本目のライトを買いました。

行くとなったら上記の他に、
・モバイルバッテリー
・トップチューブバッグ(iPhone&バッテリーと補給食収納)
・簡易カッパ
は最低必要かなと。

その他、小物多数…


…いつ決行できるやら(笑)

とりあえず体力つけなきゃ!



途方に暮れている私のために、慰めのポチをいただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スプロケットを12-23tへ ~実走編~

今日は、先日交換したスプロケの感触を確かめに走ってきました。

いつもの小貝川を遡上して往復70kmぐらいの走行でした。

以前の12-27tの場合、ローからサードまでは2枚飛ばし(27-24-21)なので、
結構変速ショックは大きかったのですが、1枚飛ばし(23-21-19)に変わったので、
かなりマイルドになりました。

そして、期待した18tの効果ですが、
今日はまったり走っていたので、あまり使っていないため恩恵を受けられませんでした(笑)
しかしながら19t以降はクロースなので、超スムーズです。

後、これは本人の体力の問題なのですが、
23t始まりは、疲れてきた時に普通の坂を上りきるのが、結構しんどいです。
脚を使っているなぁ、という感覚を持ちます。
フロントをインナーに変えたいなと思ったりしました。

でも総じて満足しています。
車と同じで、クロスレシオは楽しいですよ。

福岡堰130907

今日の福岡堰、水量が少なすぎるような気がします…


大したインプレでもないですが、おつかれさまのポチをいただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

魅惑の渋峠

その存在を知ったのはロードバイクに乗り始めてからです(笑)

ただの峠なら、坂が嫌いなので寄り付かないんですが、
国道最高地点と聞くとなんでこんなにも心躍るんでしょうか?

今年の夏場は、何度も渋峠、渋峠って見聞きしたなぁ。

その都度いいなぁと思いつつも、私の走力では無理だし、
時間も無いしなと諦めていたんですが、どうにも諦めきれない。

一応まだ暫定の暫定(?)ですが、来週の14日か15日に行ってみちゃおうかなと…

これ以上先になると、かなり寒くなると思うので、装備が重くなるし。

でも往復で450kmは間違いなく走るんですよね…

もし仮に行くとしたら、プラン的には早朝から峠のアタックができるように、
前日の夕方ないし夜から走って、高崎市あたりで長時間の休憩ができるように、
かなり余裕を持って臨みたいと思っています。

いつもの全力トレとは違い、体力とケツに優しく(笑)

オルトリーブ


勢いでこんなの買っちゃいました。

ただ、ほんとに行くとなると、ライトももう一つ買わないとマズそうだし、
モバイル電源も必要だよな〜。

土日乗ってみて、己の身体に聞いてみよう(笑)



どう考えても無謀だろうって思う方、ポチっていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スプロケットを12-23tへ ~交換編~

前回チラ見せした、お初のアルテグラパーツはスプロケでした。
正式名称はカセットスプロケット、後輪ギアのことですね。

買った12-23tは105グレードには無い仕様なので、
ちょっとお高いアルテグラになってしまいました。
お高いと言っても、デュラエースとの価格差に比べたら、
大したことは無いと自分に言い聞かせています(笑)

12-23tは、28tや30tが俗に乙女ギアと呼ばれているのに対して、
漢ギアとも言われているみたいです。

しかし、マイキャドテン君にはフロント50-34tのコンパクトクランクが装備されているので、
漢ギアとは言えないです。
フロントノーマルでこのギアを踏めるようになりたい(無理!)


さて、なんでこのクロースギアに換えようかと思ったのかというと、
18tが欲しかったからです。

【現在の12-27t】
12-13-14-15-16-17-19-21-24-27
※12-17までがクロース

【12-23t】
12-13-14-15-16-17-18-19-21-23
※12-19までがクロース

【標準的な12-25t】
12-13-14-15-16-17-19-21-23-25
※12-17までがクロース
※18tの代わりに25t

17tと19tは普段最も使用するギアなんですが、
それだけに1枚飛ばしはギア選択に迷います。

それと、2枚飛ばしを無くして、シフトショックの軽減を狙っています。


早速交換してみます。

交換前

交換前。
やっと透明なホイールガードを取り外せる…
(スプロケを外すためだけに専用工具が2つも必要で金が掛かるなぁ…)

大きさ比較

外してから取り外したスプロケを磨いて、お決まりの比較写真。

23t、小さい、美しい!!

105重量

続いてお決まりの重量比較。
105の12-27tは見辛いですが259g。
使用して少し軽くなっているかな?(笑)

アル重量

アルテグラの12-23tは220g。
約40gの軽量化!!
とは言え、回転体の中心物なので、効果は少ないかな?

10517t

105の17t1枚の重量は19g。

アル17t

対してアルテグラの17tは20g、んん!?
予想に反して重いです。
105が削れて軽くなったのか?

ギア間スペーサー

大いなる違いは、ギア間のスペーサー。
アルテグラ用はちゃちい!
これで強度的に大丈夫なら、105も同じでイイじゃん?
と思いますが。

105表面

105の表面は仕上げの悪い鏡面といった感じ。

アル表面

アルテグラは艶消しでちょっとザラザラ。
削れた所は鏡面になって判りやすいかも?!

交換後

交換後、
これだけ見ると漢仕様な感じがしますね。


交換編は以上です。
工具をちゃんと揃えていれば、簡単な作業でした。



換装おつかれさまのポチをいただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:roadbad
子供とバドミントンに自由時間の95%ぐらい費やしている親父が、ぽっこりお腹のために不相応なロードバイクを入手!
お腹の未来はいかに!?

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

 

カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。